日立笠戸協同組合 〒744-0002 山口県下松市大字東豊井794番地

日立笠戸グループと共に歩む協同組合

鉄道車両から半導体製造装置、産業プラント製品等の部品づくりを支える地元企業の組合
理事長挨拶
理事長近影 当組合は、日立製作所のご指導のもと、同社旧笠戸工場(現笠戸事業所)を主な 顧客とする地元企業の出資により、昭和31年(1956年)に設立された山口県内で は 最も歴史のある協同組合です。

今から約一世紀前、山口県出身の実業家、久原房之助翁は東洋の理想的工業 都市 建設を展望され、ご縁のあった下松の地に、現在の日立製作所笠戸事業所 の前身に あたる工場をおつくりになりました。

当組合加入企業の大半は、日立製作所の下松への進出、その後の成長、発展に あわせて、創業、成長、存続してきた地元を基盤とする企業です。
第二次世界大戦、オイルショック、国鉄分割民営化、リーマンショック等、激変する 外部環境を乗り越え、今日に至っております。加入企業の業歴は平均で65年を超え、 百年近く活躍の歴史ある企業もあります。

担当分野、得意とする加工内容に違いはありますが、各加入企業とも、長い歳月 をかけ、継承、洗練させてきた固有の技術を所有し、「ものづくりのまち下松」を 中心とする地元地域において雇用を維持するとともに、日立製作所笠戸事業所 ならびに同工場を源流として下松に拠点を構えておられる日立笠戸グループ各社 のものづくりに貢献しております。

各企業で製造される部品は、HITACHIブランドのついた鉄道車両、半導体製造 装置、化学プラントなどの最終製品の一部となって、国内外の様々な業界のお役 に立っております。
このホームページが、組合加入企業各社について、興味をもっていただいたり、 ご理解を深めていただく一助になりましたら幸いに存じます。

日立笠戸協同組合 理事長 弘中善昭
組合企業 31社
(株)朝日製作所 (株)アロイ光加工センター (株)イシナガ 金井金属工業(株) (株)下松シヤリング
(株)日柳製作所 (株)黒磯製作所 (株)光洋金属防蝕 (株)五光製作所 後藤総業(有)
三和産業(株) (株)塩田鉄工所 神和工業(株) 澄川工業(有) 清和工業(株)
(株)大和製作所 中国電化工業(株) 徳機(株) 兵庫ボルト(株) ヒロデン工業(株)
(株)弘木技研 弘木工業(株) 富士工業(株) 藤田鉄工(株) (株)ミカミ電業
(有)光井鉄工所 睦美マイクロ(株) 山一工業(株) (株)山下工業所 山本産業(株)
ユーメン塗装工業(株) <五十音順>
詳しくはこちら
関連記事
日立笠戸協同組合60周年記念式典挨拶(2016/7/29)pdfで開きます
日刊新周南掲載記事「ものづくり支えた60年祝う 日立笠戸協同組合が記念式典」新周南新聞社ホームページへリンク(2016/8/1)
市広報「潮騒」2015号9月号鉄道車両特集 pdfで開きます
周南ハイテクレポート鉄道車両特集(2011年11月25日発行・2015年6月1日改編) pdfで開きます
日立製作所
日立交通テクノロジーズ
株式会社日立ハイテクノロジーズ
株式会社日立ハイテクノロジーズ
ページのトップへ戻る
日立笠戸協同組合
〒744-0002 山口県下松市大字東豊井794番地  TEL:0833-48-5444 / FAX:0833-48-5445